車移動での飲酒時は、必ず運転代行業者をご利用ください

グラスに注がれたビール

毎日新聞の報道によると、長野県で高校の先生が飲酒運転で事故を起こしたとのことです。

飲食店で、ビールなどお酒を呑んだ後に車を運転し、骨折の重傷。

県教委の調査に対して、高校教諭の男性は「運転代行業者を呼ぶつもりだったが、連絡がつかず運転した。浅はかだった」と説明したようです。

車を運転し飲食店へ行き、お酒を呑んだ場合は、必ず運転代行業者をご利用ください。

飲酒運転で事故を起こすと重症を負うなどの大事故につながってしまいます。また、酒気帯び運転であることを知っている同乗者も罰則の対象となっています。ご注意ください。